楽天証券の特徴

楽天証券

新規口座開設数NO.1!初心者からプロまで多くの投資家に選ばれている証券会社!

2020年新規口座開設数が業界でNO.1の大手ネット証券である楽天証券。

豊富な投資商品と使いやすさから総合的にバランスの取れた大手ネット証券です。

投資家なら一つは楽天証券の口座を持っておきたいところです。

そんな投資初心者から投資のプロまで多くの投資家に支持されている楽天証券について今回はご紹介いたします。

 

楽天証券とは?

楽天証券とは、楽天市場や楽天モバイルなどで有名な楽天グループのネット証券会社です。

口座開設数が業界トップの500万口座を突破し、投資が初めての方でも使いやすいサービスと豊富な商品ラインナップを提供している大手ネット証券です。

 

楽天証券の特徴

手数料が安い!

手数料の安さがトップクラスの楽天証券は、用途に合わせて選べる2つの手数料コースが用意されています。

超割コース

取引金額 新手数料
5万円まで
55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで 535円(税込)

いちにち定額コース

1日の取引金額合計
手数料
100万円まで 0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)を追加。
3,300円(税込)

「いちにち定額コース」では、1日の取引金額の合計が100万円までなら取引手数料は0円となるコースです。
1日に何度も取引を行う方におすすめです。

「超割コース」では、取引手数料に応じてポイントが付与されるため、1日に何度も取引は行わない方やポイントを貯めたい方におすすめのコースです。
また、投資信託や信用取引の手数料は0円で利用できます。

投資コストを抑えたい方にとって、楽天証券の手数料の安さは大きな魅力の1つです。

 

投資商品が豊富

投資初心者に人気の国内株式、投資信託や、将来に向けた資産形成として注目されているiDeCo、つみたてNISA、他にも海外株式や純金積み立てなど投資商品が豊富に用意されています。

自分の投資スタイルに合わせて始めることが可能で、今後始めたいと考えている投資も、1度口座を作ってしまえば新規申し込みをせずにいつでも始めることができます。

 

ポイントプログラムでお得に!

楽天証券の大きな特徴の1つとして、楽天市場や楽天トラベルなどの楽天サービスを利用したときに貯まる楽天ポイントを使って投資ができるところです。

投資信託や国内株式の現物取引を1ポイント1円として利用することができます。

また、株式手数料の1%をポイントバックや、投資信託の残高に応じてのポイント付与など、ポイントを使うだけではなく、貯めることもできます。

 

取引ツールが充実

楽天証券の取引情報ツール「マーケットスピードⅡ」は投資初心者から経験豊富な投資家まで幅広い層に支持されています。

気になる銘柄の株価や日経平均、外国為替、NYダウなど様々な情報をリアルタイムで確認できます。

銘柄を選ぶ際も、豊富な銘柄から自分好みの銘柄を簡単に探せる検索ツールも充実しています。

スマホやタブレットに対応しているツールもあるため、いつでも場所を選ばずに取引可能です。

 

他社との違い

良い点

  • 手数料が安い
  • 豊富な金融商品
  • 楽天ポイントが使える
  • 使いやすい取引ツール

悪い点

  • IPOの主幹事数が少ない
  • 対人での相談ができない

IPOは楽天証券でも取り扱いがあるものの、幹事数が少なく、IPO投資を本格的に行いたい方には不向きです。

しかしながら、投資初心者から投資のプロまで幅広い層にとってメリットの多い証券会社のため、これから投資を始める人からすでに投資を行っている方まで1つは持っておきたい証券口座と言えます。

-0円~100円, 200円以上, ETF, IPO, NISA, 上級者向け, 中級者向け, 信用取引, 個別ページ, 初心者向け, 国内株, 外国株, 手数料, 投資信託

© 2022 株リサーチ Powered by AFFINGER5